2006年 04月の記事一覧

スポンサーサイト

環境の変化と歯が抜ける夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境の変化と歯が抜ける夢

三週間ほど前に歯が抜ける夢を見た。先ずは右の上の歯が抜けるのだがそれは自分の中では至って普通の出来事らしく「ああ明日歯医者に行かないとな」とまるで差し歯が抜けたかのような感覚だった。そうこうしている内にその隣の歯も抜けた。この時点でも「ああ。隣の歯だからな」くらいの感想しかなかった。そして鏡でどうなったのかを見て見ようとすると今度は左上の、今抜けた歯と反対側の歯が二本ポロポロと抜け落ちた。これには流石に動揺し、直ぐに歯医者に行かなければと思ったようだ。しかし予約の電話をしようとすると今度は他の歯も一斉に抜け出し、口の中が抜けた歯で一杯になってしまった。血は出ていない。ただ、口の中が抜けた歯で一杯になっている感覚と、あるべき場所に歯が無い(乳歯が抜けた後のような)感覚が妙にリアルで気持ち悪かった。

そんな特殊な夢を見たものだからネットで検索してみるとこれまた酷い。多かったのが親しい人との別れを暗示しているというものだった。益々気分は落ち込む。それでも不安やストレスを抱えているとそういう夢を見るだとか、身体的に異常があると見るのだとか、新しい何かが起こるのだといった意見に心を寄せながら、所詮夢は夢だと言い聞かせた。ちょうど献血後だったので身体的に多少の負荷が掛かっていたのは間違いない。

さて、そんな夢を見てから数日後。私の生活は大幅に変化した。良くなったのか悪くなったのかはさて置き、別に不幸になった訳ではない。ここでそれを明かす事はあまり考えていないが、とにかく忙しくなったとだけ発表しておきたかった。つまりまあ噛み砕いて言えばここの更新頻度が下がり、放置状態になりそうだというお知らせでした。


Contents Copyright © 2005-2006 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。