スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなマップ ベータ版

何かが出現する度にそれは危険だと騒ぎ立てるのは好かないのですが、より良いサービスが発揮されるにはそういった危惧も必要なので空騒ぎしてみます。

昨日、Google Maps APIを利用した はてなマップベータ版 という地図サービスが開始され、衛星写真の地図上にマッピングされたキーワードや写真を眺めることが出来るようになりました。詳しい使い方などは良くわからないのですが、写真にGPS位置機能が含まれていなければならないだとか、キーワードの場所を指定し緯度と経度を入力して登録しなければならないという手順が必要なものの、地図上に写真やキーワードをほぼ無規制で登録できるようです。詳しくは以下を参照して見て下さい。

これについて何を騒ぎたいかと言うと、写真やキーワードの選定は誰がしているかということです。ほぼどのような写真でも登録できてしまうようですが、個人情報が晒される事はないのでしょうか。ヘルプには尚、GPS位置情報は、ご自分の自宅や居場所などの手がかりとなる重要な情報です。情報を公開する際には、この点に注意し慎重に操作を行ってください。と書かれていますが、そんな注意書きだけで大丈夫なのか心配です。それとも24時間体制で監視してくれているのでしょうか。

そんな心配をするのも、例えば有名人の自宅の傍に住んでいる人がその家の写真を撮って○○の家などと晒したらどうなるのかという疑問があるからです。先日 Webサイトに我が子の写真を公開する危険性 で書いた心配を数段飛び越えた次元の問題です。私も贔屓にしている有名人の自宅がはてなマップを見ただけで簡単にわかるのならば、一度は行って見たいなとは思います。自宅でなくとも、良く出入りしている店や、通っている施設などでも同様です。一億総ジャーナリストとも言われる時代なのですから、それなりの危険性や可能性は充分に在ると思うのです。

更に極端な話、写真にGPS位置機能が含まれていれば顔写真も登録可能って事ですよね(それは無理なの?)。個人情報が簡単に晒されて収得できてしまう媒体が増えてしまった気がします。とは言ってもレスポンスが素早くて安定していればとても魅力的で多くの可能性を感じさせてくれるサービスなので、荒らし行為などにはどういった対処をするのかなど、その辺りの規約なりの整備を厳重にして頂けたらなぁと期待します。

ところでこういった危惧を示す方が少ないように感じるのですが、何かそれなりの制約なり機能なりがあるのでしょうか。どなたか私の心配をあっさりと払拭してくれるような情報や、私と同様の意見をお持ちの方のコメントなりトラックバックなりを期待しています。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。