スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役力士 普天王関のブログ

読売新聞で紹介されていて知ったのですが、普天王関がブログを書いています。各取り組みに対しての感想や反省、喜びの表情など、とてもリアルに伝わってきて面白いです。取り組みを観ていてどうしてそこで足が出ないとかそこで引くから駄目なんだとか自分の形になったのに攻めるのが遅いとか立ち合いで出遅れたからだよなどとテレビの前で呟いてる事に対して本人がどう思っていたかを知ることが出来るなんて楽しくて仕方がありません。相撲に興味の無い方でもこういう所が入口になるかもしれませんね。欲を言えばもう少し裏側(日常)っぽい話や、他の力士との交流が見られるともっと面白くなると思うのですが、角界は厳しいのでしょうか。相撲人気が低迷して久しいですが、こういったところからでも再び人気に火がつけばなと思います。

相撲ついでにもう一つ。最近貴乃花親方が協会改革案を提言して日本相撲協会から厳重注意を受けたらしいです。詳しい内容の情報源が見つからないのですが、貴乃花親方が口にする改革案は私のような外野から見ればどれもそれなりの意見で、とても協会批判と呼べるような物ではありませんでした。貴乃花親方が相撲界の発展を考えて発言した事が即批判と取られてしまう情けない状況に嫌気がさします。しかも親方になって三年目なのに偉そうなことを言うなという様な発言もあったようです。ここでどうしてだかわかりませんが堀江社長を思い出してしまいました(ところで若乃花と堀江社長って似ていますよね)。そして更に、貴乃花親方が提言している内容について日本相撲協会側は既に手をつけているかのような返答をしていましたがどれも的外れで消極的なものばかりでした。いつまでも過去の人気に甘えて楽観しているだけでは事態の好転は望めないでしょう。誰が言ったか知りませんが、人は歳を取れば相撲を観に来るという受身の姿勢では人気の復活は遠い未来かもしれない。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。