スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔うと電話をかけたくなるのはなぜか

私は偏頭痛持ちです。だから何という訳でもありませんし、不健康自慢をしたいのでもありませんが、これから書くことはそんな頭で考えた事だと割り引いて欲しいなと思っただけです。この頭痛はキッカケが良くわかりません。私の場合は変な姿勢で長時間過ごしたりするとなる事が多いのですが、大抵の場合はシャワーを浴びたり薬を飲んだり軽い運動をしたりすれば治ります。もしくは他の事に集中すれば治るのですが、その集中力を頭痛に負けないくらいに高めるのは至難の技で、殆どの場合は何も手に付かないまま一日が終わります。今日はそんな一日でした。特に何かの締め切りに追われている訳ではなかったので良かったのですが、空いた時間を頭痛との闘いに費やしたと思うと勿体無く感じます。だからと言っても予定が詰まっている時にこの頭痛に襲われたりしたらかなり辛いのですが。

さて、これを書いている今、やっと頭痛が治まってきました。特に書きたい事は無かったのですが、朦朧とした頭で考えた事の一つがタイトルの通りです。今まで真面目に考えた事は無かったのですが、酔っ払うと人恋しくなって誰彼構わず電話やメールをする方って結構いらっしゃると思うのです。でもその理由を考えた事がありますか?取るに足らない事だったので私は今まで考えた事は無かったのですが、この通りあまり堅い事を考えられる頭ではなかったのでこの機会にこういった緩い事を考えてみた結果、その電話は普段からしたいと思っていたのではないかという結論になりました。それが何らかの理由で理性によって抑え込まれていたのが、アルコールの力によって緩んでしまい、電話をかけない方が良いという理性よりも、かけたいと思う本能の方が上回ってしまうのではないかと思いました。はい。ただそれだけです。電話をかける相手に対してどのような感情を抱いているのかというのは考察の範囲外です。性別についてもまた然り。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。