スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログと擬似フレーム

私が2カラムや3カラムレイアウトを好まない理由は幾つかあります。その一つにコンテンツ部分が長くなった場合にメニュー部の下方の余白が勿体無く感じることがあります。これは各ブラウザのバグを利用してあえて回り込みを発生させ無い事によって文章を潜り込ませる事も可能です。しかしブログなどにおいてサイドバーがメニューの役割を充分に果たしていない問題は解決されません。これもコンテンツ部分が長くなった場合に起こる現象なのですが、floatやpositionを利用した2カラムレイアウトの場合に下方までスクロールしてしまうともうそこにはメニューは存在しません。それではメニューの利便性も半減します。

他にも読み易い文字の大きさを追求すると必然的に一行の文字数が少なくなってしまい読み難くなるなどの問題もあるのですが、試しに 以前言っていたブログ にて2カラムレイアウトを採用してみました。もちろん問題点を改善する為に擬似フレームを用いてみました。デザインはもっとポップにしたかったのですが、画像を創るのが面倒だったので背景画像以外は今のところ使用していません(タイトルバナーくらいは何とかしたい。誰か同系色であれくらいの大きさで…)。基本色は普段あまり私が好んで使用しない色を選んでみました。

構造的にはほぼ完成しました。Operaのおかげでスクロールバーが右側に二重になってしまったり、IEには手を焼き、現状でもリンクにマウスオーバーすると画面が揺れるなどの問題は残っていますが許容範囲内でしょう。それよりもMac版IEやSafariでの表示を確認していないので心配です。まあそういった環境での閲覧は想定していないので大幅に崩れている場合は諦めますが、簡単に修正できるような崩れならば何とかしたいと思っています。どなたか宜しくお願いしますなどと言ってみるゲーム。

ところでこのフレーム風2カラムに需要はあるのでしょうか。素直にフレームを用いた方が楽だと思うのですが、解説した方が良いのか不明です。簡単に説明するならばdivで囲ってpositionをfixedすれば良いのですが、そのままだとIEでfixedが効かないのでハックを用いてIEにのみ一部分だけ違うCSSを適用させているだけです。現状ではメニュー項目が少なくスクロールが発生し難くわかり難いかもしれないので一応もう少しだけ詳しい説明というかサンプルを置いておきます。質問があればどうぞ。左メニューの方が幾分楽だと思われます。ちなみにIEにだけ働くJavaScriptなどを用いればもっと簡単にできると思いますが、何度も言っているように私は常時JavaScriptオフの閲覧を想定しているのでCSSのみで実現しています。そしてこれまたしつこいようですが 閲覧想定環境 のみでしか確認していません。

そんなこんなで新たなスペースを利用してブログを始めたのですが、あくまでも母体はこのサイトという事で進めて行こうと思っています。短い一言やちょっとした事でも載せていこうと思っているので 笑顔をみせて の方が更新頻度は高いかもしれませんが、向こうに書いたからもうこっちに書かなくてもいいやなどとならないようにバランスを保てるようにしようと思います。

スポンサーサイト

コメント一覧

とても参考になります。

IEへの対応方法等、とても参考になります。参考になると言っても、私は特殊な方なのでみなさんどうなのか分かりませんが^-^;
CSSやDOMを使ってあれこれしようとすると、現状ではIEがほんっとに障害となってどうしたものかと悩むことが多いです。私的には、最近ではIEへの対応を最小限にして、代わりに無料ブラウザの紹介をする方に労力を使おうかとシフトしつつあります。Operaも無料化されて、もはや私の中でIE6はNC4.x並扱いになりつつあります(苦笑)。

  • 2005年 09月 22日(木) 01:46:42 |
  • URL |
  • hal*#Pe0og0Jg |
  • 編集 |
IEの憂鬱

> 現状ではIEがほんっとに障害となってどうしたものかと悩むことが多いです。

IEなんて窓から…云々と叫びたくなりますよね。
でもやはり8~9割を超えるシェアは無視できませんし。
(このサイトでも7割を超えています)
もうこの際IEには素のHTMLを渡そうかと考えたり。


> 無料ブラウザの紹介をする方に労力を使おうかとシフトしつつあります。

なかなか普及しませんよね。
かくいう私も少し前まではブラウザって何?という状態でした。
当初はWebサイトを閲覧するのにブラウザ(IE)というものが存在して、それを利用しているというような構図の把握は出来ていなかった記憶があります。
ただアイコンをダブルクリックすればネットに繋がってページが観られる。それ以上でも以下でもありませんでしたし、IE以外のブラウザがあるなんて知らないどころか考えもしませんでしたから。
特に目的もなく現状に満足してネットやパソコンを活用している人にとってはIEから他のブラウザに乗り換えようなどという努力(勉強・試行)をしようとする人は少ないでしょうね。


> もはや私の中でIE6はNC4.x並扱いになりつつあります(苦笑)。

NC4.x は既に無視していたり。他の古いブラウザや、特殊なブラウザについては技術が追いつかないというのもありますが、やはり素のHTMLを見てくれと甘えている部分もあります。となるとやはり優しいマークアップが必要になるのですが、自分がその環境になってみない事にはなかなか難しいものですね。ナビゲーションをどのように設置して良いのか皆目検討もつきません。
こういったブラウザを使用している人はそれなりの意識があるのでなんとかなるのですが、IEの場合はそれが通常だという意識がある上にシェアが高いので手に負えません。IE7に期待して良いのかもわかりませんし(せめてDOCTYPEスイッチをなんとかして欲しい)、IE7が出たからといっても直ぐにIE6を使用している人が全員アップデートする訳でもないでしょうから苦悩は続きそうです。

  • 2005年 09月 22日(木) 02:35:15 |
  • URL |
  • rara#d3xRQPUk |
  • 編集 |

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。