スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震とテレビ

以前 室内危険度診断システム で地震が来るかもしれないと書いたら本当に地震が起こったのであまり書きたく無いのですが、近頃どうもあのときに感じたのと同じ違和感がある。特に気になるのがテレビの映像が乱れる事だ。気がついたのはもう何週間か前なのでおそらくテレビの異常かアンテナの問題、もしくはなんらかの電波の影響だろうと思う。しかし大地震の前兆としてテレビの映像が乱れるというのはよく聞く話なので不安だ。なんて文章をあたためておいたら小さいながらも地震が起こった。これで終わってくれると良いのだけれど、この地震が大地震のきっかけになるんじゃないかとまた不安になる。

地震といえば みのもんたのSOS という番組がやっていた。殆ど観ていなかったのだけれども、地震雲による予知はある程度までは可能なんじゃないかと思っています。番組が煽るほどの効果はあるかどうかわかりませんが、何かの目安にならないものでしょうか。ところで本当に電磁波の影響で(自然界で)ああいった雲ができるのでしょうか。そして大地震の前には本当に電磁波が断続的に(確実に)放射されるのでしょうか。その異常な電磁波を捉える事は何らかの理由によって今のところ不可能だとか、不正確だとか聞いた覚えがあります。確かに羊飼いと狼や火災報知器のベルよろしく、その警報の精度が悪ければ余計なパニックを招く事になるので慎重にならざるを得ないのでしょう。

そしてテレビと言えば 総務省(報道資料)[D-pa] 社団法人 地上デジタル放送推進協会 によると2011年にアナログ放送が終了するというシールをアナログテレビに貼付して注意喚起を行うらしいです。まだあと五年以上ありますので急務という訳ではないでしょうが、今買ったアナログテレビが5年後には観られなくなるというのもきちんと提示しなければなりませんし、デジタル放送というものを広報する為にも必要な処置でしょう。あとニ、三年したら在庫を一掃するように売り捌く詐欺のような行為が横行するのでしょうか。我が家のテレビはもう十年ほど頑張ってくれていますが、もうあと五年ほど頑張ってもらいたいなと思っています。最近の画面の乱れが地震の前兆やアンテナの問題などではないのだとすればそろそろ危ないかもしれませんけれども。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。