スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違反車両の追跡

また交通違反をしてパトカーに追跡された車が信号無視をして他の車両と衝突し、衝突された方の運転手が亡くなるという許し難い、やるせない事故が起こった。こういった事故が起こる度に警察は 追跡は法令に基づく正当な職務行為 だったと発表する。それはその通りなのだろう。逃げる方が悪い。しかしながら実際に同じ事故が繰り返されている現状を見ると、これに対策を講じようとしないのは問題ではないだろうか。

では違反車両を追跡しないで逃げられたらそのままにしろと言うのかというとそういう訳にはいかない。将来的にはそちらの方が明らかに危険だからだ。ではどうすれば良いか。それは警察やら役所が考えれば良いことでしょう。私としては追跡などしなくても車のナンバーや運転手などの映像を記録して後日取り締まれば良いと思う。それくらいの技術はあるだろうし、そのような機能をパトカーに装備させても良いと思う。もちろんこれにも問題はある。

先ずは現行犯でないと逮捕が難しい事ですが、これは必要な証拠などを記録すれば済む事なので殆ど問題にならないでしょう。出来ないとすれば怠慢だと思いますし、法律が問題ならば変えれば良い。そして二つ目は違反者が出頭しない可能性があることですが、こうなると面倒だ。逮捕状を持っていちいち車の所有(運転)者の所まで出向かなければならない。しかし駐車違反の場合も同じことなのでそれほど無理があるとは思えない。どうしてもというのならば架空請求の葉書のように、期日までに出頭しないと…などと書けば良いのではないでしょうか。おっと少し例えが不謹慎でしたね。裁判所からの出廷命令とでも言い直しましょうか。レンタルビデオショップでさえも返却期日を過ぎれば延滞料金を徴収されるのですから、それくらいはしても構わないでしょう。本来ならば即逮捕なのですから。

そう言えば駐車違反の取り締まりについては民間に委託するそうですが、これについてはまた書く機会があるでしょう。これで多少の人員は確保できるはずですから、本当に危険な車両の取締り強化を望みます。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。