スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くべきではないこと

世の中には往々にして言及すべきではない事があります。脱線事故について書こうか散々悩んでいますが、やはり書くべきではないと判断しました。というのも私としては責任の所在を判断し兼ねるからです。もちろん賠償や補償、事故原因の究明、再発の防止などに対する責任や、あらゆる説明責任はJR西日本にあると思いますが、“事故が起こった事”についての責任はどこにあるのかわかりません。被害者(被災者だとかそういう議論はどうでもよくて)側に立とうと思えば立てるし、JR西日本側に立とうと思えば立てます。でもいくら被害者側に同情したとしても遺族とは同等の感情を持つ事は不可能だし、また遺族感情を考えれば分かったような事は言えない。かと言ってJR西日本側に立つのは死者が出ている限り不可能だ。だから私はどちらかの立場に立ったような文章は書きたくない。そして責任の追及も必要だとは思わない。

ただどうしても納得の行かない事がある。それは報道だ。詳しくは書かないが、別にボーリングに行ったからといってなんなのだろうか。彼らがボーリングに行かなかったとしたら何人か助かったのだろうか?社員は休日をいかに過ごそうが良いではないか。これが結婚式だったらどうなのだろうか?披露宴もひらいてはならないのか?中止にしなければならない?この報道に意味があるとはとても思えない。感情を逆撫でしてどうなるというのだろうか。

また、現場の状況を知りながら出社した職員が居たからといって何なのだろうか。確かに救助を行うのは人としては当然の行いなのかもしれないが、彼らには彼らの事情があったのだろう。思考が正常ではなかった事だってあり得る。別に庇っている訳ではない。事実は事実だが、彼らの言い分を報道しない事によってより一方的な糾弾、情報操作になっているような気がすると言っているのだ。遺族としては怒りの矛先をJR西日本に向けなければやっていられないのはわかるが、世論としてその方向に向かわせようとするのは疑問に感じる。JR西日本という会社の体質だとか報じられたり論じたりされているが、その向こう側には社会的背景や文化、つまりは群集、個人の心理がある訳なのだから、その責任の一端は自分達にもあるのだ。それを忘れてはならないと思う(電車がほんの数分遅れただけで怒ってはいませんか?)。特に日本は鉄道に対してシビア過ぎる気がしてなりません。

何か事故が起こると連鎖するように続いてるなという印象を持つ方もいらっしゃるでしょう。でもやはりこれは報道が原因なのでしょう。普段は話題に取り上げない些細な事(いや、本当は重要なのだけれども)をこぞって取り上げるようになり、それを目にする機会が増えるのでそのような印象を持つのだと思います。食品の異物混入事件などが良い例だと思っています(消費者が報告する件数も増えただろうけど)。

今回の事故に関する報道で唯一良かったなぁと思う事は、私が観なかっただけかもしれませんが、運転手の実家に押し寄せるような報道がみられなかった事です。実際はどうかわかりません。もしも実際は取材に行っていて、その様子を報道していないのだとしたら最悪ですけれども、そんな事はなかったと信じたいと思います。現在もまだ入院中の被害者はもちろんのこと、その遺族、そして運転手の遺族やJR西日本の社員に死者が出ない事を祈ります。

スポンサーサイト

コメント一覧

一杯書きたいけどここだけ。
> 彼らがボーリングに行かなかったとしたら何人か助かったのだろうか?
助かった"かも"知れない。結果として即死状態であった事が判明し助ける事が出来なかった"かも"知れない。
でも助けたいと思い、助ける事ができる"かも"と信じ、救助、救護していた人がいるのは事実。
助かったか、助からなかったかじゃなくって、助けようとしたか?助けたいと思ったかどうかが一番大きな問題だと思う。

  • 2005年 05月 06日(金) 03:38:35 |
  • URL |
  • naka#upkHALyQ |
  • 編集 |
報道として

ですよね。その通りだと思います。
少し書き方が悪かったかもしれません。言いたかったのは、それを報道する事にどのような意味があるのかという事です。いや、それも少し違って、ボーリング(及び宴会)をしていた彼らの立場と、遠くの地で普段と殆ど変わらぬ生活をしていた私(達)の立場と比べた場合で“何が違うのか”と考えてしまうのです。

私はその日、「酷い事故だな」とか「原因は何だろう」とか「一人でも死者が少ないといいな」とか「一人でも多くの人が助かるといいな」などと思いましたが、特に「助けに行こう」とか「助けたい」と能動的な想いは感じませんでした。遠い国の戦争と同じような感覚です。そう思いながら普段と変わらぬのほほんとした生活を送っていた私は報道(もしくは糾弾)されないのかなと。

違いがあるとすればJR西日本の社員であるか否かという事と、現実的に場所が近いか遠いかの差くらいでしょうか。それなのに“人間としておかしい”などという報道を見ると嫌気がさします。まあ私が人間としておかしいという可能性も低くはないのですが。

# もちろん弱者の側に立つ報道は必要だとは思います。
# やはりこういった件に関して書くのは難しいですね。

  • 2005年 05月 06日(金) 12:49:03 |
  • URL |
  • rara#d3xRQPUk |
  • 編集 |
報道の姿勢にも問題はあると思う。

> 遠い国の戦争と同じような感覚です。


これって少なからず皆あると思います。
犠牲者、関係者に知り合いがいれば、急に我が事のように感じるでしょう。実際ヲイラも、友達、親戚が車輌に乗っていた可能性もあったので、すぐに確認の連絡をしました。幸い事故にあった知り合いはいなかったので、その時点でそれ以上の想いってのは生まれてこなかったです。


> そう思いながら普段と変わらぬのほほんとした生活を送っていた私は報道(もしくは糾弾)されないのかなと。


報道の自由を持った営利企業ですから、業績が上がらない限りは可能性は低いでしょうね。


> 違いがあるとすればJR西日本の社員であるか否かという事


この違いは大きいと思います。対価を得る為には、安全な運行が義務付けられているでしょうし、迅速な対応や救助、救護活動も責任の範囲だと思からです。


> 現実的に場所が近いか遠いかの差くらいでしょうか。


役員、社員であれば、現場で活動しなくても持ち場毎の対応は必要なわけで、役員、社員でなければあくまで個人の意思に委ねられているはずです。いくら遠くても無償のボラで活動する人も存在します。でも個人の意思である以上は、活動しない事を誰も批判できるものでは無いでしょう。


> それなのに“人間としておかしい”などという報道を見ると嫌気がさします。


「人間としておかしい」なんて言葉は、それこそおかしいですね。報道のあり方については、ヲイラも頭に来る事は多々あります。報道の自由を武器にした報道の暴力も実存しますし、営利優先で救助、救護活動の邪魔をしていると思う事もあります。


「法人の体質としておかしい」って意味なら、それはあると思います。信楽鉄道事故の時も、事実を隠し責任遁れをしたが為に、結審まで十余年かかったのに、今回もまた事実を隠そうとしている。多くの人命を失ったのに、未だに危機管理って事を真摯に考えていない。これが最高経営責任者だけの考えだとは思えないし、やはりどこか法人として感覚が麻痺しているような気がします。

  • 2005年 05月 06日(金) 21:50:50 |
  • URL |
  • naka#upkHALyQ |
  • 編集 |
なんとかならないものか

なんかゴルフとかいっぱい出てきた…。

どこもかしこも利益優先。それ自体は当然の(仕方のない)事だけど、その前に立つ物があるはずですよね。鉄道にしても報道にしても三菱ふそう(←とばっちり?)にしても。

JR西日本を叩く事によって話が先に進む。そんな感じになってますね。まあ事実そうなんでしょうけれども。それによって会社の体質が変わり、安全性が向上し、二度と同じような事故が起こらなければ良いのですが。(人間のやることなので無理だとは思いますが)

# 一週間後…一ヵ月後には殆ど取り上げられなくなるんだろうなぁ。

  • 2005年 05月 07日(土) 02:23:18 |
  • URL |
  • rara#d3xRQPUk |
  • 編集 |

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。