スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープリンクと同一性保持権の侵害

昨日の読売新聞のリンクに関係して著作権について調べていて見つけた記事で、いや、それは無いでしょうというお話。Yang Mayさんは トップページでなく特定の階層へのリンク(ディープリンク)を製作者の許諾を得ずに行うことは、著作物の一部分をカットする行為とも考えられ と、拡大解釈をなさってそのような事をおっしゃっているのだと思いますが、同じブログ内のエントリーで次のようにも述べています。

リンクを張ること自体は、著作権侵害となりません。何故なら、リンクとはホームページを他のホームページに結び付ける機能であって、リンクを張るということは、そのリンク先のホームページの情報にたどり着けることを示すに止まり、その情報(著作物)を複製したり送信したりするものではないからです。 無断でリンクを張るのは著作権侵害?

これってどちらが本心なのでしょうか。リンクを張るということは、そのリンク先のホームページの情報にたどり着けることを示すに止まりという事は著作物の一部分をカットする行為とも考えられと矛盾していますよね。どちらが正しいとか正しくないとかそういう話ではなく、Yang Mayさんが何を思ってこのエントリを記述したのかなというお話です。あくまでも可能性の話として出すのならば 無断でリンクを張るのは著作権侵害? のエントリがあるのは頂けない気がします。

そしてもしもここで示されているようなディープリンクが著作権侵害と認められるのならば現在wwwに存在するハイパーリンクの何割が著作権を侵害している事になるのでしょうか。私は最初に述べた通り著作権侵害には当たらないと思います。その理由については JimiBandrix に書かれている事と大差ないので割愛してみる。でもって逆に著作権侵害に当たるだろうと信じ込んで、賛同するような意見を書いてみようと思ったのですが、これがなかなか難しい。早々に諦めてこの辺りで投稿する事にした。だってディープリンクが著作権侵害なら引用なんて明らかに同一性保持権を侵害している事になるでしょう(引用は著作権内である条件の下で認められていますけども)。著作物の一部分をカットする行為は直接当てはまるし、それを自分の著作物内で(改変はしていないにしても)公開しているし。という事はこのエントリはかなりの著作権侵害行為を犯している可能性がありますが、リンクや引用の削除を要求されれば対応しますので宜しくお願いします。引用に関しては ホームページで「引用」をするときに、気を付けなければならないこと に抵触していないので大丈夫だとは思いますが。

スポンサーサイト

コメント一覧

著作物のカット

> トップページでなく特定の階層へのリンク(ディープリンク)を
> 製作者の許諾を得ずに行うことは、著作物の一部分をカットする行為
> とも考えられ

著作物のカットって、元々その著作物自体がカットされている(複数のファイルに分かれている)から、サイト内でもリンクでつないでるんでしょ。そうでなければ、「ディープ」って事も存在しないはずだし。
リンクする事で「著作物のカット」って考え方が成立するのであれば、検索エンジンは、「著作物のカット」を行っている常習的に行っている事になりますよね。もっと言えば世界で一番広範囲、多岐にわたり日常的に違法行為を行っている集団って事にも。

  • 2005年 06月 03日(金) 14:46:21 |
  • URL |
  • naka#upkHALyQ |
  • 編集 |
著作物の単位

> 元々その著作物自体がカットされている(複数のファイルに分かれている)から、
> サイト内でもリンクでつないでるんでしょ。

そのリンクで繋いだ状態を一まとまりとして個別の著作物と見做すなんてどうでしょう。
いや、wwwの性質上それには無理が在り過ぎるか。

> 検索エンジンは、「著作物のカット」を行っている常習的に行っている事になりますよね。
> もっと言えば
> 世界で一番広範囲、多岐にわたり日常的に違法行為を行っている集団って事にも。

こんなこともあったみたいですね。
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0723/paperboy.htm

http://www.google.co.jp/search?q=%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97+%E8%AA%AD%E5%A3%B2
これの控訴はどうなったのでしょう。

  • 2005年 06月 03日(金) 18:22:55 |
  • URL |
  • rara@執筆者#d3xRQPUk |
  • 編集 |
無理を承知で(謎

> そのリンクで繋いだ状態を一まとまりとして個別の著作物と見做すなんてどうでしょう。
いっそ、著作権云々を主張するサイトさんは、全て1ページにして頂くとか。スクロールバーが 2mm ぐらいになっても、「ディープリンクによる著作物の一部分をカットする行為」を防ぐ事は出来るでしょうから(毒

余談。
以前知り合いのプロミュージシャンが日比谷野音のフェスに出演したんですわ。会場内は当然のごとく撮影禁止。報道関係だけが許可を得て撮影し、翌日の新聞に掲載されたそうです。
っで、そのミュージシャンが直接新聞社に自サイトで掲載したいから画像の使用許可を求めたら「著作権」でアウト。なら、肖像権の許可を得ず勝手に撮影、掲載した新聞社ってどうなんだろう?
出演契約に、撮影並びに画像使用に関する条項は無かったから許諾を得ているって判断も無理がある。海外なら一発でアウトでしょ。

  • 2005年 06月 04日(土) 02:37:39 |
  • URL |
  • naka#upkHALyQ |
  • 編集 |
乱気流

なんだか“はてな周り”でえらい騒ぎになってますね。
私は Yang Mayさん がどういった意図や根拠を持って
そのエントリを記述したのかを知りたいだけなのですが、
どこにも反応がないのが残念です。

> スクロールバーが 2mm ぐらいになっても

しかもアンカー無しだから読み難いったらありゃしない。

> 出演契約に、撮影並びに画像使用に関する条項は無かったから
> 許諾を得ているって判断も無理がある。

きっと

> 報道関係だけが許可を得て撮影し

この時点で“全て”の許可が降りたと解釈されるのでしょうね。
報道関係者が撮影をするという事はそういう事なのだと。

その画像の著作権ってどこに帰属するんでしょうね。会社かカメラマンかその他か。
別に放棄?譲渡?しても良いと思うのですが。
そうやって柔軟に対応していかないから人間関係がギクシャクするんじゃないかしらん。

> 海外なら一発でアウトでしょ。

訴訟大国でゴネれば幾ら貰える事か(お金じゃないって)。

  • 2005年 06月 04日(土) 03:25:04 |
  • URL |
  • rara@執筆者#d3xRQPUk |
  • 編集 |

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。