スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風太

レッサーパンダの風太君が話題になってるのはご存知の通りです。この度その商標登録を巡って一悶着あったそうです。風太君はもともと静岡県の動物園からレンタル移籍している助っ人なのだそうですが、今回はそのレンタル元ではなくて、あの 旭山動物園(の副園長である坂東元氏)からレッサーパンダを『見せ物』にしないでという緊急メッセージが発せられたという。

言っている事はわからないでもない。ただそれを動物園が言うかなぁという感じ。なんか話題を呼んでページが削除されそうなので引用しておきます。

最近レッサーパンダの見るに耐えないニュースが氾濫しています。どこのレッサーが何秒立った!レッサー様々入園者が増えた!名前を登録商標!昔のエリマキトカゲのブームを思い出してしまいました。いや,エリマキトカゲの方がまだましだったかもしれません。あれは良くも悪くも野生下でも見られる特徴的な行動だったから。

野生のレッサーパンダが普遍的に何十秒も直立する,あるいは立って歩く習性があって,これまで飼育下ではその行動を引き出してあげられていなかったのであれば「凄い!」ことです。しかし,よく考えてみて下さい。そうではないですよね。あの取り上げかたは「芸」です。「見せ物」です。というかレッサーパンダは解剖学的にも2本足で立つことは当たり前にできます。むしろ立つことができない個体がいるとしたらその方が問題です。「芸」以下ですね。

レッサーパンダは外を覗きたい,エサをもらえるかもと立ち上がっているだけで,その行為だけを抜き取って「凄いこと」として取り上げています。「ここのレッサーパンダ立たないんだって。つまんない」これがレッサーパンダブームが招いたレッサーパンダの見方です。

このような言い方は失礼かもしれませんが,一般の方やマスコミの方は素人です。私たちプロの側が,素人に短絡的に「受けること」を続けていていいのでしょうか?来年の今日,どれくらいの人がこのブームを覚えているでしょうか?

レッサーパンダを「見せ物」にしないで下さい。関係者の方お願いします。 ゲンちゃん日記

どれもこれもなんか引っ掛かる感じがします。先ずはこれまで飼育下ではその行動を引き出してあげられていなかったのであれば「凄い!」ことです。ですが、つまりは調教して教え込む分には何も問題はないという意味ですよね。それでお客さんを呼ぶ、つまりは全国の動物園で行っているイルカのショーやらチンパンジーのショーならば問題はないと、アレは見せ物ではないのだと、そう言いたいのでしょうか。

次に「ここのレッサーパンダ立たないんだって。つまんない」これがレッサーパンダブームが招いたレッサーパンダの見方です。ですが、これは仕方のないことではないでしょうか。「パンダが寝ててつまらない」「ライオンが動かなくてつまらない」と大差ないと思うのですが。しかもレッサーパンダは解剖学的にも2本足で立つことは当たり前にできます。むしろ立つことができない個体がいるとしたらその方が問題です。と言っていますが、つまりは立つ所が見られない方が異常な訳ですよね。という事はそれをつまらないと見る見方はいた仕方の無いことなのではないかと思うのですが。…と思っていたら動物園の役割は、動物の生き生きとした姿のすばらしさを伝えること。立たないレッサーパンダには価値がないのか、と言いたくなるとも言っているらしいです。誰もそんな事は言っていないのですが、そういう発想が出てくる方がおかしい気がします。

なんか動物愛護団体がこのような声明をしたのならわからなくはないのですが、動物園の副園長がこういう事を言うかなという感じです。この緊急メッセージについての意見の電話やメールなどが殺到していて賛否が拮抗しているらしいです。個人的には一時的かもしれないけどレッサーパンダが有名になって良かったのではないかと思っていますし、動物園関係者が何の考えもなくレッサーパンダを見せ物にしているとは思えないので、関係者からしてみれば余計なお世話なのではないでしょうか。

まあこうやって騒いでいるのは人間だけで、全国のレッサーパンダは素知らぬ顔で暮らしていることでしょう。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。