スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式見解と個人的意見の発信

先日の 風太の件 の続きです。もうなんでもいい。謝るのなら謝る。謝らないのならば謝らない。とにかく徹底して欲しい。一連のレッサーパンダに係る意見に行き過ぎた表現があったことをお詫びします。などと書いておきながら、読んでみれば言い訳や自分の意見(そしてその正当化)ばかり。それが悪いと言っているのではない。それを動物園の公式コメントとして発表するのはいかがなものかと言っているのだ。

どうやら本人が動物園の公式コメントとして到らない点があったことを心からお詫びいたします。と言っているところをみると、このゲンちゃん日記というのは個人の意見を述べる場ではなくて、動物園としての公式な見解を示す場らしい。それなのに最後はこれで私の意見は終わりにします。と締め括られている。なんとも釈然としないものだ。ネット界隈をウロウロしていると頻繁に見られる個人ブログの極一方的な(ウンザリさせられて呆れ果てる)対応となんら変わらない。

今回の件について、その意見自体はそれほど非難されるようなものではない。しかしその発信の仕方に問題があったと私は思う。そしてそれについての抗議の対応でまた失敗を重ねたように思う。この一連の問題で私の中での旭山動物園の株は急落したが、その原因はもちろんレッサーパンダでも動物達でもない。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。