スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードプラネット

地球45億年の奇跡という番組がある。 http://wwwc.fujitv.co.jp/ichioshi/040301kiseki/index2.html

この手の番組はとても好きで必ず観るようにしている。自分の知識欲を満たす為と、哲学的な思考に陥る為にだ。昨日そのパート2が放送された。 http://wwwc.fujitv.co.jp/chikyu45/index2.html

人間が80年生きると仮定して、さらに一日に三食を食べるとするならば、人間は一生のうち87600回の食事をすることになる。一食が1000円だとしたら食費だけ8760万円かかることになる。恐ろしい計算だ。金額ではなく量で見るのならば米は92俵、卵26000個、魚介類2.4トン、緑黄色野菜2.2トン、鶏440羽、豚14頭、牛1.15頭になるらしい。料理別にするのならばラーメン2100杯、カレー3120皿、カツ丼1000杯、寿司13000貫との事だった。ちりも積もれば山となるというか、もの凄い量だ。人間はなぜにこんなにも食べなければならないのだろう。

少し残念だったのが北野武氏が、ティラノサウルスがハイエナのような行動をとっていたのではないかという考えを述べた事だ。私の仕入れた知識が間違っていなければハイエナの狩の成功率は7割にものぼり、あの百獣の王と呼ばれるライオンの方が餌を横取りする方が多いのだ。だから例えるのならばライオンにして欲しかった。

四夜連続放送なのでまだまだ楽しめる。第一夜は食べる事そのものから「ハングリー」がテーマだった。第二夜は「味覚」がテーマだ。いったいどのような話が聞けるのかとても楽しみだ。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。