スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾瀬メソッド

ええっと、すいません。今までメソッドメゾットと誤用していました。あー恥ずかしい。という訳で今回紹介するのは 綾瀬メソッド です。今までもんたメソッドとか高橋メソッドなるプレゼンテーション方法(それだけじゃないけど)がありましたが、どちらも面倒なだけで取り入れる気もなければメリットも感じられませんでした。しかしこの方法?ならば何か訴える物はあるなぁと感じました。

なぜに綾瀬?という突っ込みは置いておいて、確かに小難しい文章をを読むのに文字列ばかりだと目も疲れるし退屈です。そこに写真が一枚あるだけで雰囲気がガラリと変わる…ように感じる(それがどんな写真かどうかは別の議論)。それが人物ならばその人物が小難しい話を説明しているように感じるかもしれないし、動物ならばほのぼのするかもしれない。効果の程は曖昧だが、何か長文を書く折には真似をさせて頂くかもしれない。もちろん被写体はこちらで考えます。しかし文章と全く関係のない写真を貼るというのも少々抵抗がありますね。

ちなみにこれは綾瀬メソッド。あまりに単純で稚拙な内容の文章を高尚な文章に見せ掛ける為に堅い目の写真を利用する。アインシュタインやその他の博学な人物の写真だと更に効果が上がるかもしれません。ただしその本質は文章を読めば直ぐに見破られる上に、そもそも文章を読まれないかもしれないという危険性もはらんでいます。

追記です。どうして綾瀬なのかというエントリを記述されたようですのでリンクしておこうと思います。ついでなので遠慮していましたがトラックバックも送ってみました。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。