スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断トラックバック禁止とブックマーク禁止

アドレスだけですいません。どうやらリンクをするのにも許可がいるそうなので、この形になりました。何とも不便ですが、リンク先のルールを尊重した結果ですのでご理解ください。追記です。どうやらエントリを削除してトラックバックも受け付けないようにしたらしいです。おかげでこのエントリが何の意味も成さなくなってしまいました。引用して置けば良かったです。一応キャッシュは残っています。

この手の議論に反応するのは止めたいと思うのですが、このような意見が一般認識として広がるのは恐ろしい事だと思う。別に私はゆゆさんの主張が間違っているとは思わない。自分の管理しているブログ内の所謂オレルールがあって、それを独り言として主張するのならば、多くの人が「自由にトラックバックをしても構いませんよ」と注記しているのとなんら変わらないからだ。私もトラックバックについての考え方を掲げている。

それで引用を用いてだらだらと長い文章を書こうと思ったのですが、周知の事だと思うので止めました。簡単に述べるのならば、トラックバック云々でサイトのオーナーが嬉しいとかそういった感情を抱くものなのでしょうか。私はトラックバックはあくまでも読者の為にある機能であって、それ以上でも以下でもありません。どちらかと言えば、いちいち許可を求めたり挨拶をしたりする文章の方がよっぽど目障りで不愉快だと思うのですが。

そんな私の主張よりも単純な提案を。オレルールを守って欲しければそれとわかるように注記してみてはいかがでしょうか。それ専用のエントリを書いて、Trackback Ping-URLの横にリンクしておく。まあそれだけでは弱いかもしれないので、この際Trackback Ping-URLは表示しないというのはどうでしょうか。コメント送信完了画面に表示させるとか、返信メールに記入するなど、それなりに自衛の手段はあるはずなのですがどうでしょうか。と書いてもリンクすらしていないのでリファラも送れない。その結果ゆゆさんがこの記事を読む日が来るとは思えませんが、トラックバックについてゆゆさんと同様の意見をお持ちの誰かの参考になればと思います。

そう言えば最近徳保さんの記事で知ったのですが、ブックマーク禁止なる騒ぎがあって、そのサイトのオーナーはパスワード制にするという手段を講じたようです。オレルールを守らせる為に有効な手段だったのでしょうか。その為にコミュニティーを狭くしてしまって本末転倒になっていなければ良いのですが。ところでどうしてブログをやっているのでしょうか。そういった目的ならばSNSで宜しいのではないかと思うのですが。

スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。