スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

livedoor Wiki

長文を書いているとそれに掛かりっきりになって他に好奇心をくすぐられた事に対しての文章が書けなくなる。いや、実際には書く気力を維持できなくなるのだ。という訳で幾つかの話題を混ぜ合わせて適当に流して書こうと思います。

私が情報フロンティア研究会関係で考察している間に界隈では言及リンク無しのトラックバックは○○というテーマや、有害情報判定委員会というテーマで盛り上がっていたらしいです。後者はともかくとしても前者は辟易しながらも参加したかったような気がします。どうもブログを中心としたマナー系の議論は尽きないようですね。まあ歴史が浅いのでそれも仕方の無いことなのでしょう。そうやって議論がされて行く中でやがては煮詰まり、残る主張や淘汰される主張が出てきて、そのうちに形になって行くのでしょう。そこでlivedoor Wikiの話を絡めて、ブログのまとめサイトをlivedoor Wikiで創ってみようかしらんなどと言ってみる。うん。言うだけで実行はしない。でもあったら面白いと思う。こんな議論がありましたみたいなまとめとか、ブログを始めるとこんな事に巻き込まれますとか、こう考えている人の割合が多いとか、ブログオーナーの意見や体験談が集まれば有益なサイトになると思う。簡単だからと勧められて何となく始めてしまい、結果的に嫌な思いをするなんて人も減るかも知れませんし。ブログとはどういった事が出来るのかとか、トラックバックを中心とした機能について誰かまとめてみませんか?それとも既にあるのでしょうか?

ところでWikiって簡単な様で難しいんですよね。管理するのとかデザインを弄るのとか。とてもブログもWebサイトも利用した事がないという人が手を出せる代物では無いと思いますし、ブログやSNSをやっている人やWebサイトを持っている人が母体を移す様な事は無いと思うのです。Wikiを主体に扱うには機能が特殊であり過ぎる気がするのですが。でもレンタルWikiというのは面白い気もしますね。ちょっとした可能性も感じます。いずれは同じようなまとめサイトが乱立するかもしれませんね。さて、このlivedoor Wikiの行く末はどうなるのでしょうか。遠くから見守りたいと思います。

スポンサーサイト

コメント一覧

無題

無料でレンタルできるところは
http://atwiki.jp/
がありますよ。

  • 2005年 06月 30日(木) 22:38:06 |
  • URL |
  • 通りすがり#mQop/nM. |
  • 編集 |

コメントの投稿欄

Copyright © 2005 rara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。